保湿力の高い化粧品ランキング

MENU

保湿力が弱まっていく40代は化粧品の成分表示にも敏感に・・・。

40代以降になると、角質層内部の保水力が減少し、
若い頃に比べて大切な水分はすぐに蒸発してしまいます。
美肌をつくるためには常に保水というキーワードを意識するべきです。

 

水分量が減少すると肌は硬くなっていきます。

そのため元々年齢とともに衰える代謝力が輪をかけて失われ、
肌の表面のキメも荒くなり、
潤いが失われることによる弊害としてシミやシワも増えていきます。

 

いつまでも美しい肌を保つには、まずは保湿です。

 

保水力が足りなくなる原因に「セラミド」があります。
セラミドは肌の水分をつなぎ止める役割を果たす成分なのですが、
年齢とともに失われ、なんと20代の半分になってしまうとのこと。

 

また、肌の弾力やハリに必要なコラーゲンやビタミンCなども、
意識して摂取していく必要があることは言うまでもありませんね。

 

保湿化粧水はお肌に入れるものだから使い方にも注意が必要

また使い方も考える必要がありそうですね。
外側から補うときのその化粧水が上手く浸透するよう常に考えたいものです。

 

お風呂上がりや洗顔後の肌は、急速に乾燥していきます。
その乾燥していく流れに合わせるように外から化粧水などを入れてあげると、
吸収力がいつもよりも高まります。
そのため化粧水が肌の奥までいき渡るのです。

 

つい、洗顔後は髪を乾かしたり着替えをしたりと、
何かと忙しいので「後ででいいか・・・。」など怠りがちですが、
肌の乾燥を防ぐために、肌を清潔にしたら即補う!を鉄則として、
スキンケアをすることが大切です。

 

また、以前はコットンなどで肌を潤したほうがいいと言われていましたが、

最近では手に化粧水をのせて温めたあとつけることも有効とのこと。

 

また手でしたほうが細かい部分まで触れることができ、
手で顔全体を最後に押し上げるように包み込むことで、
肌にも染み込みやすく、また肌と肌を密着することで、
リラックス効果もあると言われています。

 

また化粧水の香りも大切ですね。
年齢とともに感受性が鋭くなっていきます。
これは女性として進化しているためだと思われます。
肌の健康と心の健康はリンクしていることはあなたもきっと納得できるはずですね。

 

あなたに合う化粧品をトライアルセットで見つけることは今は誰もが周知なことですよね。
お手頃のトライアルセットがたくさん出ています。
どれも1,000円前後ということが多いのでいろいろ試してみるのがおすすめですよ。

 


トップページに戻る>>