乾燥肌の方の洗顔方法のコツ

MENU

洗顔はしすぎることで乾燥肌を招く場合があります。

乾燥肌の場合、洗顔はやりすぎないことが肝心ですね。

夜の洗顔はまずクレンジングをしてから石鹸でという方が多いでしょう。
でもクレンジングクリームとオイルなどでお化粧を落とした後、洗顔はあまりゴシゴシしなくても大丈夫。

 

よくクレンジングオイルのベタベタが気になってつい石鹸でゴシゴシ洗ってしまうことってありますよね。
でもあまり洗いすぎるとお肌に必要な油分がなくなってしまい、水分は蒸発しやすくなり乾燥を助長してしまいます。
ですので石鹸をよく泡立ててくるくると優しく洗うだけでOKです。

 

化粧水は洗顔にすぐにいれるべし!

また洗顔後の化粧水ですが、洗顔から時間をかけずにすぐに塗ることが大切。
洗顔後のお肌はより乾燥しやすいのですぐに化粧水を入れてあげるとお肌に浸透しやすいのです。
洗顔をしたままほっておくとどんどん乾燥していきます。
すぐに化粧水を入れる習慣をつけましょう。洗顔するときに傍らに化粧水を置いておくのもいいですね。

 

またちょっと耳寄りな話だと体の乾燥も秋から冬にかけて起こりますね。
ほっておくと痒くなったり赤くなったり・・・・・ひどい時はあかぎれみたいになってしまいます。

 

体の乾燥も上記の原理で素早く保湿!

そんな状況を阻止するために先ほどと同じ原理ですが、お風呂場の入口にボディローションを置いておきます。

そうすると風呂上りにタオルで拭いたあと即、ボディーローションを塗ることができます。
ちょっとしたひと工夫で体の乾燥の悩みが随分軽減されます。かゆみ等も顕著でなくなるので、
お肌を傷めることもないし、またストレスも改善されます。

 

乾燥しがちな季節に突入したら早め早めに対策をしましょう。
それだけで乾燥によるトラブルを回避することができます。

 

トップページに戻る>>