乾燥肌とニキビの関係

MENU

乾燥肌の人ほどニキビになりやすい?

ニキビと言うと余計な皮脂が原因でできるもの、だから乾燥肌の人には関係ないのではと思う人もいるかもしれません。

ですが乾燥肌の人は、実はニキビができやすいのです。

 

その理由として、ひとつは乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下していることが挙げられます。
バリア機能が低下しているためニキビ菌によるダメージを受けやすく、その結果としてニキビが発生してしまうというメカニズムなんです。

 

それからもうひとつ、乾燥肌の人は、その乾燥を補うために肌が過剰に皮脂を分泌しようと働き、その大量の油分が毛穴にたまりやすいのです。
バリア機能が低下している状態で、しかも意外と皮脂が過剰に分泌されやすいために、炎症が起こってニキビができやすいんですね。

 

乾燥肌のニキビには保湿が大切

乾燥肌の人のニキビ対策としては、まずは保湿を丁寧に行うことが求められます。

保湿をしっかりと行えば肌のバリア機能も回復していき、余分な皮脂の分泌も抑えることができるためです。
バリア機能が低下しているので低刺激のもの、またニキビに対して有効な殺菌成分などが配合されたスキンケア製品を利用すると、より一層の効果を期待することができます。

 

それから洗顔です。洗顔は丁寧に行うことが対策のひとつですが、皮脂を除去すること、肌を清潔に保つことに躍起になるあまり、
必要な潤いまでも落としてしまうと言うのは避けたいところです。
泡立ちの良い洗顔料を使用したうえで、素早く洗い上げることを意識して行うことが求められます。
また必要によっては、病院で専門的な治療を受けることも有効な対策のひとつです。

 


トップページに戻る>>