乾燥肌基礎化粧品の正しい使い方

MENU

乾燥肌に必要なのは水分を内部に閉じ込めること

乾燥肌に必要なのは保湿効果の高い基礎化粧品を使うことです。

今は保湿に力を入れた化粧品が安価でも販売されていますよね。

 

もっちりしたテクスチャが自慢の潤い成分がたっぷり配合されたものもおすすめですが、
あまりに濃密だと肌本来の機能が低下し、より乾燥を引き起こすことにもなりかねません。
化粧水に潤い成分が配合されたものを使い、美容クリームやオイルで肌を保護するという方法がおすすめです。
こうすると肌の水分が肌表面の油分で内部に閉じ込められ、乾燥しづらくなります。

 

高保湿であっても刺激があるものは乾燥肌のトラブルをひどくしてしまうのでお勧めできません。
植物成分、無添加といった肌に優しい天然成分を選ぶことが大切です。
保湿力抜群の化粧水を正しく使うだけで、乾燥肌がトラブル知らずになっていくはずです。

 

間違った使い方で損をしないように・・・正しい使い方

正しい使い方としては化粧水を手に取り、両手で温めてから少しずつ肌になじませていきます。

肌になじませた後は手のひらで優しくパッティングをして手の温度で肌を温めます。
少量ずつ手のひらに出しておでこ、鼻、ほお、あごと一部分ずつ適量をつけていくのがおすすめです。

 

たたいたり、こすったり、大量につけたりすると肌トラブルの原因になりますし、
乾燥肌がもっとひどくなってしまう可能性もありますから、
優しく丁寧に肌を保護するように手入れをすると肌の質感が変わってきます。