夏の乾燥対策

MENU

秋冬だけでなく夏場も気になるお肌の乾燥

夏の季節なのに肌の乾燥に悩まされる、そんな人が増えてきています。
夏と言えば空気が乾燥することもなく、汗もかきやすいことから、一見乾燥肌とは無縁のように感じます。

 

それではなぜ、夏に肌が乾燥してしまうのでしょうか。

 

その原因と対策について

まず夏に乾燥肌になってしまう原因として、エアコンが挙げられます。

 

エアコンから吹き出される冷風にあたることで、肌は乾燥状態になってしまいます。
また、その部屋全体の湿度が下がることから、空気も乾燥気味になります。
そしてそのことによって、肌から水分が失われてしまうのです。

 

次に、紫外線の影響も挙げられます。
夏の強い紫外線の刺激は、皮膚の奥まで届いて肌のハリや弾力を保っているコラーゲン繊維や、エラスチンを破壊します。
夏は暑いことから肌を露出することも増え、一層紫外線に当たりやすい状況となっています。

 

これ以外にも、入浴時に体を強くこすって洗ったりすると、本来必要なはずの皮脂までも流れ落ちてしまい、

肌の潤いが保てなくなることもあります。

 

以上のことが、夏の乾燥肌の原因と言えるでしょう。そしてこれらの対策ですが、
何よりも大切なのが十分な肌の保湿です。
油分やワセリン、グリセリンなどが含まれているクリームやローションなどで、毎日肌のお手入れを行いましょう。
また、室内を乾燥させ過ぎないことや、冷風に直接当たらないことなど、肌の乾燥を防ぐための予防を行うことも大切です。

 


トップページに戻る>>