乾燥肌対策からみるセラミドの役割とは

MENU

セラミドは水分保持の役割を担っています。

本来人の肌というのはその表面が適度な水分と油分で守られているものなのですが、

紫外線などの外的な刺激や、もともとのその人の肌質などの様々な条件によって肌の持つ水分が不足した状態が乾燥肌です。

 

普段は乾燥気味ではない人でも条件が重なることで乾燥肌の状態に陥ることもあります。
そしてこの乾燥肌になると肌本来のバリア機能が低下して、様々な外的な刺激が直接肌を傷つけることになるため、
健康な肌ならなんでもないようなちょっとした刺激や体調の変化などがすぐに肌に影響を与える敏感肌になってしまいます。
すなわち、乾燥肌の人というのは同時に敏感肌でもあるということです。

 

私たちが目にしている肌というのは皮膚細胞の角質層の部分で、この部分は角質細胞がそれぞれくっついた状態で出来上がっています。
この細胞同士をつなぎとめる接着剤のような役割をするのが細胞間脂質と呼ばれるもので、
セラミドは細胞間脂質を構成する成分の1つです。

 

この細胞間脂質は、それぞれの細胞同士をくっつけるだけでなく、外部からの異物が肌の内部に影響を与えるのを防ぐ役割と、

肌内部に蓄えている水分が体の外へと出てしまわないように水分保持の役割を果たしてくれます。

 

けれどもセラミドは加齢によってもその量が減ってゆくため年齢を重ねるほど肌は乾燥気味になってしまうという仕組みです。
減ってゆくセラミドを補給するためにセラミドの配合された化粧品が乾燥肌に効果があるものとして市販されています。
ただし、化粧品には肌表面を保湿する効果はあっても、体内で作られるセラミドを化粧品で完璧に補給する効果は期待できません。

 

しかし、補助的な役割で使用することによって、お肌にとってはとても有効だと思われますので、
肌のためにも成分としてセラミドが書かれてkる化粧品は積極的に使っていくことで保湿効果はあるのでそれを頭に置くことは良いことです。