乾燥肌には紫外線が大敵!

MENU

乾燥肌の原因は紫外線も関わる!?

乾燥肌の原因は潤い不足ですが、その潤い不足の肌を引き起こす原因は紫外線なんですね。

 

紫外線は日焼けによるシミを増やすから防ぎましょう、みたいに言われることが定番ですね。しかし乾燥肌になる原因も紫外線なんです!

 

海に行くとかキャンプとか・・・・そういうことをしないからそんなに影響はないのではなどと、
考えてしまったそこのあなた!
例えば買い物に出るのに近いからちょっと自転車とか、洗濯物をちょっと干すだけとか、
紫外線を防ぐ注意を怠っていている行為はそれこそ要注意なんです!

 

そんな「ちょっとだけだから」という時間を知らず知らずのうちに増やしていると、
積もり積もって今よりももっと乾燥しやすい肌へと向かってしまいます!

 

紫外線はコラーゲンの変性・劣化をもたらす

紫外線と乾燥肌の関係をちょっと説明しますと紫外線は肌の奥の真皮という部分にまで到達します。

真皮には潤いに欠かせないコラーゲンが豊富に満ちているのですが、紫外線はコラーゲンの変性や劣化を引き起こします。
そうするとどの働きが弱くなり潤いのない弾力不足の肌へと加速します。
その結果、乾燥を引き起こしやすい肌になってしまうというわけなんです

 

今からでも遅くないので紫外線対策をしっかり取りましょう。
洗濯をする時やゴミ出しなど・・・面倒でも日焼け対策を怠らないことが肝心。
生活の中での紫外線(生活紫外線)を防ぐことで少しでも乾燥肌のリスクを減らしましょう。