保湿と食事の関係とは

MENU

お肌の乾燥は体の内側のケアも重要です。

冬だけでなく、夏でも乾燥肌に悩むことがあります。

乾燥肌は角質層の水分が少なくなること、皮脂の分泌が悪くなることによって起こり、
化粧水などで保湿を心がけるだけでも改善することができますが、根本的に体の内側から改善するには、食事に注目し、しっかりと栄養を摂ることが大切になります。

 

乾燥肌対策に良い栄養素としては、αリノレン酸、亜鉛、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンEがあります。
αリノレン酸や亜鉛は、細胞に関係した働きをするため肌のターンオーバーを促します。
えごま油や牡蠣、卵黄、たらこといった食材に多く含まれています。
最近えごま油はよく耳にしますよね。食事に取り入れることを心がけるといいですね。

 

ビタミンEは肌の新陳代謝を促します

ビタミンEは、美肌のビタミンとも呼ばれることがあり、肌の新陳代謝を促し、老化現象の原因となる過酸化脂質を分解することができます。

血液の流れを良くする効果もあり、肌つやが良くなります。
大豆やアボカド、アーモンドに含まれています。

 

この他、ビタミンAも新陳代謝を活性化する働きや、皮膚の潤いを守る働きが、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促し、活性酵素を除去する働きがあります。
乾燥肌対策としては、野菜を多めに食べるようにし、和食を中心とした食生活をするようにします。
こんにゃくやしらたき、わかめ、ひじきといったローカロリーのものにもセラミドと呼ばれる成分がふくまれており、
角質層の水分を守ることができるので、乾燥が気になる場合は積極的に食べると良いでしょう。

 

一つの食材だけでなく、様々なものから栄養を得るようにすることが大切です。

 


トップページに戻る>>